2016年10月より社会保障制度が一部変更されました。 配偶者に関する部分で106万円を超えると社会保険料が発生するというものです。 今回はこの106万円のボーダーラインの意味や内容についてお話していきます。