11月11日は何の日か知ってますか。ポッキーの日とも言われていますが(笑)厚生労働省では2008年よりこの日を介護の日と定めています。
身近な場所でも介護を身近に感じていただくためのイベントがたくさん行われているので時間があったら是非参加されてみてくださいね。今回は介護の日をテーマにお伝えします。

 

どうして11月11日が介護の日なの?

少しずつ確実に高齢化社会が進む中で、介護をもっと身近に理解や認識を深めてもらうため厚生労働省が定めています。
「いい日、いい日」にかけて覚えやすく親しみやすい語呂合わせで11月11日が介護の日となりました。
また11月11日を中心にその前後2週間(11月4日~17日)は啓発活動重点期間として厚生労働省が中心となって地方自治体や関係機関等では介護への啓発活動が行われています。

 

介護の日に都内で行われる介護イベント

介護の日にちなんで11月11日に行われる都内のイベントをいくつかご紹介します。
イベントでは介護食を実際に試食することができたり、介護の状態をVR体験できるコーナーを設けているものもあります。
楽しく身近に体験できるようなイベントですので是非参加してみてくださいね。

・東京都福祉保健局主催「TOKYO SOCIAL FES」
日時:11月19日(日)11:00~18:00
場所:渋谷ヒカリエ9F

特設サイト:http://www.tokyosocialfes.com/

 

・練馬区主催 介護に関する各種イベントや講演会
日時:10月28日(土)~14日(火)
場所:練馬区内の区営施設

 

・北区主催 「介護あんしんフェア」
日時:11月12日(日)10:00~16:00
場所:赤羽会館

 

・台東区主催 「たいとう「介護の日」PRイベント」
日時:11月20日(月)10:00~16:00
場所:台東区役所10F

この他にも介護事業者や介護施設などでも一般の方向けに広く介護について知ってもらうイベントを開催しています。この機会に介護従事者や介護の当事者だけでなくいろんな人に介護というものを知ってもらいたいなと個人的に私も思います。

 

介護の日は是非家族と一緒に過ごす日に

介護は決して一部の人が関わるだけのものではありません。
むしろ多くの方が自分の家族だったり、自分自身だったり、必ず人生のどこかで関わることがあると思います。多くの方の人生の一部だと思ってもいいかもしれません。

私は介護を他人事にしてほしくないと思います。
この日は是非大切なご家族と一緒に過ごす一日にしてください。
そしてご家族の方と一緒に将来の介護について考える日にしてみてくださいね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう