国の社会保障制度として介護の保障制度があります。

超高齢化社会になると言われている日本ですが、現在どのような制度なのか知ってますか?

今回は介護制度の概要について見ていきます。細かい制度内容についてはまた改めて書きたいと思います。

 

 

介護保険の保険料は40歳から負担が始まります

介護保険制度は、国からの費用負担もありますが、個人からも保険料が徴収されています。
この保険料は40歳から徴収されていきます。

徴収される保険料は所得によって変わるので、年金制度のように一律いくらというわけではありません。

 

→ 40~64歳の場合
健康保険料、国民健康保険料に上乗せされて徴収されます。
→ 65歳以上の場合
公的年金から特別徴収されていきます。
※一定額以下の年金受給者は市町村に直接支払うことになります。

 

 

介護が必要なときに初めに相談する場所は?

市区町村の介護保険の担当窓口、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者などが介護に関する相談窓口になっています。

その後介護支援専門員との相談、訪問調査、担当医師の意見書などに基づいて、どのくらいの介護が必要なのか社会福祉審査会で審査されます。

 

判定された「介護認定」によって介護サービスを受けることができます。
認定された状態によって受けられるサービスが変わってくるので、逆に言うと認定を受けないとサービスを受けることができません。

 

介護サービスを利用する際は、サービス内容によって所定の利用者の負担金が必要になります。
また40~64歳の場合では特定の疾病が原因である場合のみサービスを受けられる対象となっています。

 

 

 

 

介護保険にはどんなサービスがあるの?

具体的に介護保険で受けられるサービスはたとえばこのようなものがあります。

①自宅で利用するサービス
→ 訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリなど
②自宅から通って利用するサービス
→ デイサービス、ショートステイなど
③生活環境を整えるためのサービス
→ 福祉用具貸与、住宅改修など生活の場の整備の費用負担など
④自宅から移して利用するサービス
→ 特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設など
⑥介護予防のためのサービス
→ ホームヘルプ、介護予防福祉用具貸与など
⑦計画をつくるサービス
→ 居宅介護支援など

 

 

経験したからこそわかりますが介護は本当に大変なものです。

もし周りの身近なご家族が介護状態になってしまったときには専門家に相談して、できる限り国の保障を活用してうまく対応していきましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう