病気などで病院に診察を受けると、保険証を提示すれば3割負担で済みますよね。それは健康保険に加入してるからですね。

健康保険は誰でも同じ保障内容なわけではないことを知ってましたか?
今回は知っているようで知らない社会保険の中の一つ健康保険について見ていきましょう。

 

健康保険は職業によって違っているのを知ってましたか?

企業にお勤めの方の健康保険は、「全国健康保険協会」または「健康保険組合」が運営しています。

協会けんぽなどとも言われていますね。

 

病気などで病院に診察を受けるとき、保険証を提示すれば3割負担で済むのは会社を通してみなさんが健康保険の協会や組合に加入をしているからです。

健康保険の対象者は、本人とその家族(扶養家族)になります。ですので、家族みんな同じ健康保険に加入しています。

 

一方自営業の方やフリーランスの方は「国民健康保険」になります。

これは国がダイレクトに運営している健康保険制度です。

こちらも3割負担で医療などを受けることができます。

国民健康保険には扶養という制度はありません。

ですので自営業のご家族の場合は一人ひとりそれぞれで国民健康保険に加入することになります。

 

地域によっては子供の年齢によって医療費補助をしていたり無償にしていたりします。

これも健康保険制度があるからです。

 

 

 

健康保険は医療費補助だけではないんですよ

健康保険は医療費の補助をしてくれるものというイメージがありませんか?

でも実は医療費だけでなくいろいろな給付制度があります。

※協会けんぽの健康保険と国民健康保険では給付内容がまったく同じというわけではありません。

 

たとえば・・
→ 入院時食事療養費
→ 移送費
→ 高額療養費
→ 保険外併用療養費
→ 傷病手当金
→ 出産育児一時金
→ 出産手当金
→ 埋葬費  など

 

病院に掛かるとき、入院したとき、出産のとき・・など高額に病院代が掛かってしまうようなときこそ健康保険の制度をうまく利用したいものですね。

 

それぞれ活用方法についてはまた別の機会でお話ししていきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう