クリスマスや年末に旅行の計画をしている方も多いかもしれません。
海外旅行に行く際には入っておきたいのが海外旅行用の旅行保険です。
でも旅行保険ってどう準備したらいいのでしょうか。カード付帯されているものと保険会社で販売されている旅行保険とどちらが良いのでしょうか。

クレジットカードについてる旅行保険の落とし穴

クレジットカードにも旅行の補償というのがついています。
でも多くの場合クレジットカード付帯の旅行保険は「利用付帯」といって、そのクレジットカードをいくらか使うことが条件となっています。
中には自動付帯といって利用付帯という制限がないものもありますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

旅行保険はどんなことが補償されるの?

旅行保険には一般的に傷害保険と賠償責任保険の2種類がついています。
そして治療費用と救援費用の保険金がついてることも特徴です。
この治療費用と救援費用というのは海外旅行の際にはとても大切な内容ですので、できれば無制限でつけておくことをお勧めします。

国によっても違いますが、海外では治療費が払える人なのか否かで病院の受け入れが変わってくるからです。
ここをケチってきちんと治療が受けられないというのは本当に悲しいことです。
保険制度の整っている日本とは全く違うので注意しましょう。

旅行保険特有の内容としては、あとは持ち物破損や盗難に対する補償があります。
基本的には現地の時価での補償になりますが、保険会社によっては再取得価格で補償されるものもありますので、そのほうが安心は大きいかと思います。

 

旅行中の疾病死亡保障は必要?

疾病死亡というのはいわゆる病気での死亡ということです。
海外旅行中の事故というのは何が起こるかわかりません。

ただ疾病死亡はもともとなんらか持病を持っていることが多いと考えられるのでクレジットカードの旅行保険では基本的には補償されない内容になっています。
もともと持病があったり死亡のリスクがある状態で旅行に行ったのであればそれは補償しませんということです。

一方保険会社が直接販売している海外旅行傷害保険ではほぼ補償される内容となっています。

 

旅行保険の補償期間に違いがある?

補償期間の長さについてもクレジットカードでの補償と旅行保険の補償では変わってきます。
クレジットカード付帯の旅行保険では基本的に補償期間は90日間となっています。

短い1週間程度の海外旅行などであればクレジットカード付帯の旅行保険であっても補償期間は充分ですが、一定期間の海外赴任などでは期間によっては足りないこともあります。留学やワーキングホリデーなどもそうですね。

保険会社で直接販売している旅行保険では1日~2年間の期間で補償がされます。
それ以上長い期間の滞在の場合には2年間の補償を更新していく形になります。

 

海外旅行へ行かれる際には期間によって旅行保険を選ぶと良いですが、あくまでクレジットカードの旅行保険は補完的なものであると思っておいたほうが良いかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう