来年2018年1月からスタートするつみたてNISA。口座開設など申込は今月2017年10月から始まっています。投資初心者でしたらここから始めてほしい、つみたてNISAの特徴を今回は解説していきます。

 

つみたてNISAとは?

NISAとはイギリスのISA少額投資非課税制度の日本版で毎年一定額の投資については非課税で運用益を得ることのできる制度です。
つみたてNISAは長期運用に特化したもので、投資後の運用益に関して非課税で運用することができます。

2014年に始まったNISA制度ですが、なかなか若年層への浸透が低く、これからの将来を支える若者の世代にもNISAの制度を有効に使えるように始まった制度だと言われています。

 

つみたてNISAの制度の概要

つみたてNISAの概要はこのようになっています。

利用できる人:日本在住の20歳以上の方

口座開設数:一人1口座

非課税投資枠:年間上限額40万円(最長20年で800万円)

投資可能期間:2018~2037年

出典:金融庁HP「つみたてNISAの概要」より

ちなみに分散投資、ノーロード、信託報酬など・・投資にはいろいろ専門用語がたくさん出てきます。さらに用語の一つ一つの意味はわかってもそれが何なのか?というところがわかりにくかったりします。
そういったところが知りたいときには是非メルマガをご活用ください。しっかり投資の全体から学ぶことができますよ。

 

つみたてNISAの4つの大きなメリット

①毎年最大40万円の非課税枠
なんといっても毎年最大40万円の非課税投資枠を活用できる点です。
月々およそ3万円、少額からでも積み立てることが可能です。

通常、株や投資信託などで運用した利益には20%の税金がかかります。
たとえば1,000,000円に対し、35,000円利益が出たとするとそのうちの20%、7,000円は税金として支払わなければなりません。一見大した金額ではなさそうですが、この投資額が少しずつ大きくなれば支払う税金もそのまま大きくなっていくのでなかなか侮れない金額となってきます。

NISAを活用するとその運用益についての税金が5年間非課税になり、さらにつみたてNISAの場合には最長20年間非課税で運用していくことができます。

②販売手数料や信託報酬が低く抑えられている
投資信託で運用すると、運用中に信託報酬などの手数料がかかってきます。
この手数料は基本的には商品ごとに異なっていますが、たとえば信託報酬が高ければつみたてて行く中で投資額が増えてくればそれだけ手数料として払わなければいけない金額も増えてしまいます。
この手数料や信託報酬に関して、つみたてNISAでは低く抑えられた商品や掛からない商品を多く取り揃えています。

③積立に特化し分配金型投資信託は対象外となっている
投資信託の中には分配金型投資信託というものがあります。
分配金型投資信託というのは毎月だったり、半年に一度だったり定期的に分配金を吐き出す仕組みを持った投資信託です。
一見ちょっとしたお小遣い的に臨時収入があっていいなと思いがちですが、投資の観点からいうとせっかく複利運用されているところを分配金を吐き出すことで元金が減ってしまったり、あるいは利益が出てないときでも元金を切り崩して吐き出すので結果投資しているお金がまったく増えないということにもなります。
このような分配金型の投資信託は対象外となっているので安心して長期の投資運用をすることができるようになっています。

出典:金融庁HP「つみたてNISA早わかりガイドブック」より

④安心して積み立てられる商品のラインナップ
NISAで運用できる商品と違い、つみたてNISAでは比較的運用リスクの抑えられた商品構成になっています。
ですので投資初心者であっても損することも少なく長期に運用できるようになっていると思います。
代表的なのは日経平均やTOPIX(東証株価指数)などに連動して運用成果を目指すインデックス型ファンドです。つみたてNISAではインデックスファンドが主な対象となっています。

 

つみたてNISAとNISA

NISAも非課税投資をできる制度です。
ただNISAの場合は積み立てるということがなかなか難しく、まとまったお金を運用するもしくは適宜買い付けるような形になります。
またつみたてNISAのようにインデックス型が中心というわけではなく、商品構成がかなり幅広く運用リスクのある商品も購入できてしまうため投資初心者の場合にはなかなか商品の選択が難しいように思います。将来に向けた老後資金を確実に貯めていきたいといった目的に必ずしも合致する制度ではないと個人的には思っています。

 

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリットは次のようなものが挙げられます。

・つみたてNISAとNISA、両方の制度を利用して運用することはできません(確定拠出年金との併用は可能です)。
・つみたてNISAの非課税投資枠である年間40万円を下回っても翌年未使用分を利用することはできません。
・仮に途中売却などをして損失が出てしまっても他に所有している金融商品で出ている利益と相殺することはできません。

 

このようにつみたてNISAにはメリットデメリットとありますが、総じてメリットのほうが高く、非課税制度を利用しながら長期的に安心して運用できる制度だと思います。投資初心者の場合にはここから始めてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう