いつでも身近にある危険性として火災について考えたことはありますか?火災は自分だけでなく他の人に迷惑を掛けてしまうケースも少なくありません。
今回はあなたの家に関する賠償責任についてお話します。

 

失火責任法は火災を出しても責任に問われない?

失火責任法という法律があるのをご存知でしょうか。
故意または過失によって生じた損害が出た場合一般的に損害賠償責任が問われ補償をしなければなりませんが、失火の場合重大な過失がない限りこの責任を問わないとされています。

民法第七百九条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス
 
カタカネで読みにくいですが(笑)、民法709条(損害賠償責任を規定する法律)は失火の場合には重大な過失ではない限り適用されませんと書いてあります。

 

失火責任法でいう重大な過失の火災とは?

では失火責任法のいう重大な過失とはどういったものになるのでしょうか。これまでの事故の判例から重大な過失だとされたものにはたとえば次のようなものがあります。

・寝たばこ
寝たばこにより引火し火災が発生したケース

・天ぷら油
天ぷらを揚げていた鍋を加熱した状態で長時間その場を離れ引火し火災が発生したケース

・暖房器具
石油ストーブのそばに引火しやすいもの(ガソリンなど)を置いていたために引火し火災が発生したケース

上記の判例からもわかるように、明らかに危ない、少し注意すれば未然に防げたであろうはずなのに注意をせずに火災が起こったという場合には重大な過失があったと認定されるということです。

このように重大な過失が認められた火災については、失火責任法は適用されず類焼損害を出してしまった部分も含め損害賠償責任が問われることになります。

 

もらい火で家が火事になってしまったとき補償してはもらえない?

さて一方で軽過失であったり、突発的、やむを得ないような火災事故の場合には失火責任法が適用され損害賠償責任はなくなるケースもあります。

もしそういったケースで実際に被害者側(もらい火による自宅火災)になってしまったら火元の人には補償してもらえないのでしょうか。

失火責任法にあるように法律上の責任はありませんのでこういったケースの場合には、残念ながら火元の人から補償はありません(補償の義務はありません)。
自分で加入している火災保険を使うことになります。

ただ長年その場所に住んでいたご近所づきあいなどを考えると、もらい火で自宅が火災になり自分で掛けている保険を使って修理するというのはもしかしたら心情的にはしこりが残るかもしれません。
こういった万が一の事態に備えご近所に迷惑をかけないように火災保険には類焼損害を補償するものあります。加入の際にはこの類焼損害を補償する内容をしっかりつけておくことをおすすめします。

また個人賠償責任保険でカバーができる場合もあります。これは法律上の責任が発生した場合に限りますので、具体的には重過失とされた火災事故の場合ということになります。

個人賠償責任について詳しくはこちらを参照くださいね➡いつでも誰でも賠償リスクがあります!個人賠償責任保険準備してますか?

 

賃貸住まいの火災事故は・・?失火責任法は貸主に対して有効??

もう一つ火災事故で気をつけなければならないケースがあります。
賃貸住まいの家の場合です。
失火責任法の観点を考えると賃貸で住んでいる家で火事を出してしまったら・・補償をする必要はなくなるのでしょうか?

答えはここには軽過失、重過失を問わず借主は貸主に対して補償をしなければなりません。
それは賃貸借契約の中で原状復帰をして貸主に返すという契約をしているからです。
もし賃貸で住んでいる場合に火事を出してしまったら自分自身で原状復帰のため責任を取らなければなりません。
賃貸契約を結ぶときには火災保険に加入すると思いますが、その中にある借家人賠償責任保険というものが貸主に対する損害賠償責任を補償する内容になります。

この補償をつけていないと万が一火災を出してしまった場合には自分で補てんをしなければなりません。また貸主側の立場の場合には、貸し出すときには必ず借主の火災保険にこの借家人賠償責任保険をつけてもらうようにしましょう。

 

起こる可能性は低いかもしれませんが、いつ起こるともわからない火災。もし起こしてしまった場合には自分のことだけでも大変な状況の中で、他のことまで考える余裕はなかなかないかもしれません。事前にしっかりとした準備が大切ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう