ガンの治療費、というと高額になるイメージを持たれている方も多いと思います。なぜお金がかかるのか、治療費をおさえる方法はないのか、今回は治療費についてお伝えします。

 

ガンの治療にはいくらかかる?

ガンの治療にはお金がかかるという印象を持たれてる方は多いかと思います。

ただガンの治療費にはいくらかかると実は一概には言えません。

悪性腫瘍を摘出すればいい、放射線で照射すればいいというものではなく、治療後も転移を防ぐため抗がん剤治療をしたり、最低5年間の継続的な治療をして経過を見ていく必要があるからです。

またガンの治療は、治療部位や進行度によって使用する薬や治療方法が異なるためそれによっても掛かってくる費用が変わります。

たとえば、

・ステージⅡの大腸がんで摘出手術、放射線治療、抗がん剤治療を受けた場合にはおよそ327万円
・ステージ0の乳がんで乳房温存手術、放射線治療を受けた場合にはおよそ126万円

参考:がん治療費.comサイトにて概算費用算出

こんな風に掛かってきます。

 がん治療費.comでは部位や進行度から概算の治療費を算出できるようになっています。具体的ながんの治療費の参考に是非してみてくださいね。※必ずしもこの治療費がかかるというわけではありませんのでご注意ください。

やはり結構な額が治療費には掛かってきますね。

 

ガンの治療費は治療以外にもお金がかかる

ガンの治療には治療以外にも実はいろいろお金が掛かってきます。

大きく分けて次の3種類の費用があります。

1.保険診療内の治療費
 ・診察費
 ・検査費
 ・入院費
 ・手術費
 ・投薬治療費 など

2.保険外診療の治療費
 ・文書料(診断書など)
 ・差額ベッド代
 ・食事代
 ・先進医療にかかわる費用

3.その他の費用
 ・通院費、家族の宿泊費
 ・入院中の日用品
 ・その他(必要な器具、ウィッグ、漢方やサプリメントなど)

 

1.の保険診療分の治療費のうち、自己負担分は1~3割負担になります(年齢によって負担割合が異なります)。またその負担の中でも「高額療養費制度」などを利用するとさらに負担額をさげることができます。

2.の保険外診療分は全額自己負担です。

3.のその他の費用は必要に応じて掛かるものですが、通院費や治療にかかわる装具などは医療費控除や助成の対象になるものもあります。

 

がんの治療費でも使える高額療養費制度

先ほどの図にもあったように治療費の内訳には健康保険が使えるものと使えないものがあり、健康保険が使える保険診療部分は基本的には3割の自己負担で治療を受けることができます。

それでも3割とはいえガンの治療となれば、高額な治療費がかかることもあります。

そんなときに役に立つのが健康保険の高額療養費制度です。
➡詳しくは「治療費をおさえるために大事な高額療養費制度」を参照くださいね。

高額療養費制度は1か月の治療費が所得に対する上限額を超えていると超えた部分は健康保険によって返金されるというものです。

この制度をうまく使って長期入院、長期治療の際には申請を行って支給を受けましょう。

 

事前に手配できる限度額申請

高額療養費制度は基本的には事後で申請して支給をうけるものですが事前に申請をして窓口での会計時に適用してもらえる限度額申請という制度もあります。

限度額申請は「限度額適用認定証」というものを事前に市区町村の健康保険の窓口に行って手続きをしておくものです。基本的にはその後申請などする必要はなく、病院での会計時に適用後の費用で済ませることができます。
高額療養費制度に比べ事前に申請しておけば済むのでとても便利です。

同じく「治療費をおさえるために大事な高額療養費制度」のページで詳しく書いています。

 

 

治療方法などによってはかなり高額になるガンの治療費ですが、こういった国の制度をうまく活用してできるだけ負担を減らして治療を受けたいものですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう