10月も半ばに近づき年末に向けて年末調整をする時期に近づいてきました。
年末調整とは何のためにするものなのでしょうか?今回は年末調整についてお話していきます。

 

年末調整とは?

年末調整とは、税金、所得税や住民税を申告して納める制度です。
とはいえ年末調整は所得のある人全員がするわけではありません。
お勤めの場合のサラリーマンの方などが対象で、自営業や個人事業主として働く場合には「確定申告」という形で申告します。

サラリーマン     年末調整
個人事業主      確定申告
副業・サイドビジネス 確定申告

 

年末調整はこんな風に行われます

個人事業主の方などは「確定申告」という形で年間の確定した収支を報告して所得税などの税金を納めます。
一方サラリーマンなどお勤めの場合には、勤めている会社側でまとめてやっています。

ただ従業員全員分の申告を行うため、会社側では全てを年末に行うのではなく、あらかじめ年間の税金を計算して先に徴収しています。毎月給与天引きで税金が引かれているかと思いますが、それは12分割された見込み税額です。

このように年末調整とは、先に集めた税金を実際に支払われた給与とそのほか家庭の状況などを踏まえて必要な控除をし、税金を精算する手続きです。

多く徴収した税金は「還付」として返金され、税金が少なかった場合は「追徴」として追加で徴収されます。
大抵は多めに税金は徴収されることが多く還付されることのほうが多いかと思います。
12月とか1月のお給料に上乗せされてくるので、ちょっとしたボーナスみたいな感じですよね。

 

そしてこの年末調整として精算されたものの結果が「源泉徴収票」として表れます。

源泉徴収票についてやその見方については次回詳しくお話していきますね。➡源泉徴収票の中身とは?

 

年末調整をする人はこんな人

年末調整は基本的にお勤めしていて給与所得がある場合は必要ですが、中には対象とならない場合もあります。

出典:国税庁HP「平成29年分 年末調整のしかた」より

 

扶養控除、配偶者控除、保険料控除を受けられます

税金は受け取ったお給料にまるまる掛かるわけではありません。
家族構成や加入している生命保険や地震保険、住宅ローンに関するものなどの控除の枠があり、それを差し引いたものに税金が掛かります。

控除に関しては複雑ですので詳しくはまた別の回でお話していきます。

 

 

毎年年末調整を行っている方は多いと思いますが、実際何のためなのかよく知らない方も多いようです。年末調整はこの時期ならではのことですが、漏れることなく適切に税金を納めるようにしましょうね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう