2016年10月より社会保障制度が一部変更されました。
配偶者に関する部分で106万円を超えると社会保険料が発生するというものです。あれ?社会保険は130万円以上の場合では?と思っている方、制度は変わっています。
今回はこの106万円のボーダーラインの意味や内容についてお話していきます。

 

パートの方への厚生年金。2016年10月から何が変わったの?

2016年の改正でこれまでの週30時間の労働条件が緩和され、扶養範囲内でこれまで厚生年金に加入できなかった方も厚生年金に加入できるようになったというものです。

これは配偶者控除とも密接に関係してよく混同されがちな内容かと思います。

 

配偶者控除については詳しくはこちらをご参照ください➡配偶者控除の大幅拡大!2018年度からの改正点も踏まえてスッキリ解決

 

配偶者に関する課税制度

配偶者に関する課税制度は整理するとこんな感じになっています。

①100万円を超えると住民税が課税
②103万円を超えると所得税が課税
☆今回はここのお話です→③106万円を超えると社会保険(一部)に加入(2016年10月に導入)
④130万円を超えると社会保険に(一部)加入

 

以前は103万円を超えると所得税が、130万円を超えると社会保険料がそれぞれ掛かってくるというものでしたが、要件が合った場合には収入が106万円を超えたときには社会保険(厚生年金)へ加入することになります。それに伴って社会保険料が掛かってきます。

 

厚生年金に入れる要件は?

106万円を超えた収入があった場合かつ次のすべてに該当する場合、厚生年金に加入することができます。

〇厚生年金に加入できる要件

・1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上である
・1か月あたりの決まった賃金が88000円以上である(年間1,056,000円以上)
・雇用期間が1年以上である。
・現在学生ではない
・現在70歳未満である
・勤め先の会社の従業員数(正社員数)は501人以上である

 

厚生年金に入れる条件を緩くしたので、これまで扶養範囲に該当するような方の中も厚生年金に入りましょう、ということです。

これまで通り社会保険の扶養範囲としての所得というのは基本的には130万円で変わりはありません。ですので社会保険料の費用は増えるけれども、将来の受け取れる年金等を考えると厚生年金に入ってくださいねという意図なのかなと思います。

 

扶養で厚生年金に加入するとどんなメリットがあるの?デメリットは?

厚生年金に加入することができるとどんなメリットのでしょうか?

〇厚生年金に加入すると受けられるメリット

→将来受け取る年金が増える
→勤め先にも保険料負担をしてもらえる(企業側は逆に負担が増えることになります)
→障害年金などが充実する
→傷病手当金や出産手当金など健康保険が充実する

 

厚生年金に加入するとこのようにたくさんのメリットがあります。とはいえそれまでは扶養範囲のため国民健康保険料や国民年金などの負担をしてなかった人が協会けんぽの健康保険や厚生年金に加入をする形になるので収入によっては実質的な負担が増えるケースは多いかと思います。

将来的なことを考えると厚生年金に加入しておくことのメリットも大きいですがどの程度パート収入を確保するかというのはしっかりと見極めておくことが大事ですね。

詳しくは厚生労働省HPのこちらのページにもQ&Aとともに載っていますので参考にしてください。

厚生労働省HP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう