配偶者に関係する所得控除は、配偶者控除と配偶者特別控除と実は2つの制度があります。2つあると結構混同してしまってわからなくなってしまいがちではありませんか?
今回は配偶者控除につづいて配偶者特別控除について解説していきます。

 

配偶者特別控除とは?配偶者控除と何が違うの?

配偶者特別控除とは配偶者に38万円以上(給与所得者の場合には103万円以上)ある場合に配偶者の所得に応じて段階的に一定の控除を受けることのできる制度です。

・配偶者控除  :所得38万円(給与所得者の場合は103万円)まで
・配偶者特別控除:所得38万円(給与所得者の場合は103万円)以上

の場合に控除を受けることができます。

配偶者控除については詳しくはこちらを参照ください➡「配偶者控除の大幅拡大!2018年度からの改正点も踏まえてスッキリ解決

 

現在の配偶者特別控除の要件と控除枠

配偶者特別控除とは上記のように38万円(給与所得者の場合103万円)以上所得があった場合に適用される控除枠ですが、現在この控除はこのような要件によって受けることができます。

現在の要件
①控除を受ける当人の合計所得が1,000万円以下
②配偶者が次の要件すべてにあてはまること
・配偶者であること
・生計を一にしていること
・青色申告または白色申告の事業専従者でないこと
・ほかの人と扶養関係でないこと
・年間の合計所得が38万円~76万円(給与所得者の場合は103万円~141万円)未満であること

 

配偶者特別控除の2018年度改正点

さて2018年度には配偶者控除に続き、配偶者特別控除についても改正が入ります。
改正内容はこのようになっています。

〇2018年度配偶者特別控除の2つの改正点

①控除を受ける当人の合計所得が、改正点❶→1,000万円以下の部分を900万円以下・900~950万円・950~1,000万円の3つに細分化
②配偶者が次の要件すべてにあてはまること
・配偶者であること
・生計を一にしていること
・青色申告または白色申告の事業専従者でないこと
・ほかの人と扶養関係でないこと
・改正点❷→年間の合計所得が38万円~123万円未満(給与所得者の場合は103万円~201万円)であることとなり範囲拡大

 

出典:国税庁HP「平成30年度以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて」より

 

配偶者特別控除で大事なのは141万円?・・201万円??

配偶者控除と配偶者特別控除のことを調べると103万円だとか、130万円だとかいろいろな数字がボーダーラインとして出てきます。

配偶者特別控除の場合にもこれまで給与所得者の場合141万円という数字がボーダーラインとしてありました。妻の所得範囲の上限額だったからです。141万円を超えると配偶者特別控除も受けることはできなくなります。

この141万円というラインが2018年度から201万円に変更となり、配偶者特別控除を受けられる上限額が大幅に広がることになります。

ただし下の図を見ていただくとわかるように、これまでは夫の所得が1,000万円以下であれば同じように受けられていた控除枠は、夫の所得に応じて3段階に分かれて配偶者特別控除の控除枠が決まりますので妻の働き方だけでなく夫の働き方も加えて考えることが必要になります。
夫の給与所得が1,000万円なのか1,200万円なのかによって妻の給与所得がたとえば150万円の場合、配偶者特別控除の控除枠は38万から13万円に変わってきます。

 

出典:国税庁HP「平成30年度以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて」より

 

このように適用される幅は広がったものの、必ずしも控除枠が大きくなったわけではない場合もありますので注意しながら確認していきましょうね。

制度はたびたび改正されます。わかりにくい制度もたくさんありますがよく理解をして税金対策をしていきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう