そろそろ年末を意識する時期になってきました。
会社では年末調整の書類が回収されている頃ではないでしょうか。
この時期たくさん控除証明書が手元に届きます。もしなくしてしまったらどうするんだろう?提出しそびれてしまったら・・?
今回はそんな控除証明書についてお話します。

 

控除証明書は何に必要なんだっけ?

企業に勤めている場合は年末調整、事業主や副収入がある場合には確定申告、といったように所得税を申告するときには手続きが必要です。

所得控除はとてもたくさんの種類がありますので詳しくはこちらを参照ください。➡税金払いすぎていませんか?所得控除を活かして税金圧縮!

 

それぞれ届く時期はこのあたり!控除証明書チェックリスト

年末調整や確定申告に必要な控除証明書が少しずつ手元に届いていると思います。あの書類ってまだかな?あれはいつ届くんだろう?と思ったりすることもあるかもしれませんね。
もちろんすべての証明書がみなさん必要なわけではなく、利用している内容に合わせて証明書が発行され登録の住所に届きます。

下図のリストを参照して証明書は届いているか確認してみてくださいね。

 

・社会保険料控除証明書
国民健康保険や国民年金、国民年金基金などの支払いに対して日本年金機構から控除証明書が発行されます。
→11月頃に送付されます。

・小規模企業共済等掛金控除証明書
小規模企業共済や確定拠出年金(個人型年金iDeCo)に加入しているときに発行されます。
→小規模企業共済は中小機構から11月頃、確定拠出年金は国民年金基金連合会から10月頃発送されます。

・生命保険料控除証明書
民間の生命保険に加入しているときに保険会社から控除証明書が発行されます。
→加入先の保険会社から10月頃に送付されます。

・地震保険料控除証明書
火災保険に上乗せする地震保険に加入の場合に発行されます。
→加入先の保険会社から10月頃に送付されます。

・住宅ローン控除証明書
住宅ローンを利用した際に発行される証明書です。利用した金融機関から発行されます。借入初年度は借入年の12月末を基準日として翌年1月頃に、2年目以降はその年の予定残高が記載された証明書が10月頃発送されます。
尚、初年度は普段年末調整で申告している場合も別途確定申告が必要です。2年目以降は年末調整で控除を受けることができます。

 

 

控除証明書、もしなくしてしまったらどうするの?

控除証明書は手元に届いたらなくさないようにしたいものですが、もし紛失してしまったときでも再発行をしてもう一度受け取ることができます。もし見つからないというときには発行先に連絡をして再発行を依頼しましょう。

なお社会保険料のうちの国民健康保険については確定申告の際必ずしも証明書の添付は必要ではありません。

 

控除証明書の提出し忘れがあっても大丈夫?

控除証明書をうっかり提出し忘れてしまった場合はどうすればいいでしょうか。

申告方法が年末調整の場合ですと、勤め先に申し出れば再度年末調整処理をしてくれる場合があります。まず勤め先の労務担当の方に相談してみましょう。
年末調整は処理をしたあと源泉徴収票を従業員に発行します。だいたい年末調整後翌年1~2月に発行されますので発行される前であれば再処理してもらえる可能性はあります。

もし年明けに提出し忘れたことに気づいてしまった場合は確定申告という形で申告しましょう。
普段年末調整で申告してる場合でも、医療費控除を受ける場合やふるさと納税で申告が必要な場合などは別途確定申告が必要です。そういった確定申告するものとまとめて申告、提出しましょう。確定申告時期は毎年2月16日~3月15日ですのでそれまでに準備をして提出をすれば忘れてしまった分も控除を受けることができます。

 

いろんなところからそれぞれ証明書類が届くのでうっかり捨ててしまったりすることもあると思います。何がいつ頃届くのか把握しているだけでも多少のストレスが減るかもしれませんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう