久しぶりに英語の勉強を始めています。
もともと言葉やコミュニケーションにはとても興味を持ってましたが今はもうほとんど話すことはできません。

英語は国際交流という意味からも大切だと思いますしそれなりに頑張って勉強もしてきたのですが、、仕事柄縁遠くなっていたここ数年。
でも久しぶりに改めて勉強してみるとやっぱり楽しいです。

今回は楽しく英語を勉強するには?というところをポイントにした勉強方法のご紹介です。

 

 

スピーキングを学べるようになった!

今回の英語の勉強では特にスピーキングを重点的に勉強しています。
それはここ数年で流行りだしたオンライン英会話にとても興味を持っていたからです。
私が学生の頃には考えられないことですよね。高い月謝を払って英会話スクールでグループレッスン・・以前はそれくらいしか英会話を勉強できる場所はなかったように思います。

 

最近はいろいろ本当にたくさんのオンライン英会話がありますよね。
無料の交流サイトなどを利用して勉強することもできますが、しっかり文法や言い回しなども指摘してもらいながらがよかったので私はオンライン英会話を選びました。

 

検討したのは次の3つです。

 

➡DMM英会話
月額5500円~
一日1レッスン25分
日常会話
講師はフィリピン、東欧、USAなど75か国約6300人

 

➡QQEnglish
月額6242円~
一日1レッスン25分
日常会話・ビジネス会話
講師はフィリピン、約750人

 

➡Best Teacher
月額9800円~
レッスン回数無制限25分
日常会話・ビジネス会話
講師はUSA、UK、東欧など50か国約450人

 

 

スピーキングを勉強するにあたっては私の中で次のような3つの希望がありました。
①USAやUKなど英語が第一言語の講師の方からも学べる
②日常会話もビジネス会話も学べる
③文法や言い回しなどきちんと指摘してもらえる(英語教授法をわかってる方)

 

いろいろ調べてみるとオンライン英会話の講師の方はフィリピン出身の方が多いようです。

できるだけネイティブの方から学ぶとなるとそれだけお金もかかるということなんですね。

 

月額負担は安いに越したことはないと思ったのですが、上の3点を踏まえここは自分への投資の意味も含めて3番目のBest Teacherというオンライン英会話を始めました。

 

 

 

 

いざ オンライン英会話スタート!!

このBest Teacherというオンライン英会話はちょっと変わっています。
レッスンでただ話すというのではなく事前にテーマに沿って会話形式のスクリプトを作成して(添削あり)、レッスンに臨むという点です。
このステップがあるので、たとえ全然話すことができなくても、会話でどう切り出したらいいのか何を言ったらいいのか事前にゆっくり考えてからレッスンに臨むことができます。

 

添削してくれる講師の方によってはスクリプトの言い回しをいくつか書いて返してくれたりするのでそれもとても勉強になります。
実際のレッスンではこのスクリプトに完全に沿った形で進めてもいいですし、フリートーク中心に進めてもいいことになっています(選ぶことができます)。
なのでスクリプトから文法についてレクチャーしてもらったり、フリートークを掘り下げて言い回しを訂正してくれたりその時その時で展開が変わっています。

 

私は文法がとにかく使えてなくてその都度直してもらうような形で、全然会話が進まない・・なんてこともありました(笑)
でもなんとなく話せるよりもどうせならちゃんと話せるほうがいいなと思うので、一つ一つ丁寧に指摘くださるのは本当にありがたいです。

 

英語教授法をきちんと習得されてる講師の方が多く(たぶんほとんど)そのあたりは安心してレッスンを受けることができるので、ちゃんと学びたい方にはとてもいいと思います。またMBA取得者や財務省勤務の方など講師の方々もハイレベルな方が多いように思います。

 

まだとてもそんなレベルではないですが、それくらいまでレベルを上げられたらいいな~とちょっとしたモチベーションにもなっています。

 

レッスンを受けるためにはスクリプトを作らないといけないので、初めはちょっと面倒に思いましたが慣れてくるとそこもなかなかいいです。
今は週末を中心に空いてる時間でまとめてスクリプト作成をしておいて、平日夜に毎日レッスンを受けるようにしています。

 

回数は無制限ですし、こうしなきゃいけないというのもないので気持ち的にも気楽さがあります。

個人的にはスクリプト作成をペースアップしてもう少し回数を増やせるようにできるといいなと思っています。

 

 

楽しく勉強できる方法、まだまだ試行錯誤中です。

少しずつそのあたりもお伝えしていきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう