「2.万が一の守りと攻め」の記事一覧(2 / 6ページ目)

扶養控除制度を有効活用。親を扶養に入れるのはアリ?ナシ?

2.万が一の守りと攻め
繋がり

扶養制度という制度、みなさん聞いたことがもちろんあるかと思います。 結婚した場合にご主人の扶養に入るだとか、お子さんを扶養しているとか、そんなイメージが多いかと思いますが、親御さんを扶養するということももちろんできます。 親を扶養に入れた場合、それによってどんなメリットがあるのでしょうか。

スポーツ習慣ありますか?介護予防に効く今日から始められる簡単エクササイズ!?

2.万が一の守りと攻め

なかなか思うように体のいうことが効かなくなる介護。本人はもちろんですが、それを支える家族も大変ですよね。 将来的な介護を予防していくにはなんといっても体を鍛えておくことにつきます。 もちろんアスリートのように鍛える必要はないですが健康的な体つくりには健康的な活動がなくてはならないもの。今回は介護を予防するためのスポーツについて考えてみましょう。

とりあえず入っておこう、にしてませんか?団体保険は入るべき?団体保険の賢い使い方

2.万が一の守りと攻め

大企業にお勤めの場合だけでなく、協会団体などに所属していると一度くらいはまとめて安く入れる団体保険を案内されたことがあるかもしれません。団体保険は安いから入っておいたほうがいいと思われてる方も多いと思います。では一般的な損害保険や生命保険とどう違うのでしょうか。今回は団体保険について見ていきましょう。

ページの先頭へ